Gradient
12月24日 14:00
熊本大学 教育学部
日本社会は、人口減少という構造的変化に伴い、大きく変化しています。企業はその対応に迫られ、これまでの価値観とは違う、新しい発想ができ、行動できる人財を求めています。それらに対応すべく学校教育の方針も大きく変わろうとしています。この大きな変化を生徒たちの自主性が育まれる活動を展開するチャンスと捉えることが重要と考えます。でも「まずは何からはじめればいいのか?」「わかるけど、大変そう」そのような多くの声が聞こえてきます。今回の学習会で、これらの疑問や不安が少しでも解消でき、自分の授業でもやってみよう!と思っていただけたら最高です。まずは、参加者のみなさんが楽しむことを体験していただきたいと思います
 
 
IMG01933_HDR_edited.jpg

実践分析学習

毎月1回の学習会は、多彩なゲストや会員による実践報告を参加者全員で議論します。議論に参加して自分の意見を発言する機会を保証します。また、発言しないことも保証します。

参加者の経験や考えを自分のペースで発言できるサークルです。

256%25E5%258F%25B7%25E8%25A1%25A8%25E7%25B4%2599_edited_edited.jpg

​​年間6回の会員通信発行

会員通信「スコブル」をメールで配信しています。毎月の学習会報告と特集を事務局員が編集し発行しています。

 

熊本大学教育学部

熊本高生研は、熊本大学教育学部のご協力により学習環境を提供していただいています。

​白石 陽一

熊本大学教育学部学校教育准教授
研究キーワード
高校生活指導 シティズンシップ教育
授業研究 生活指導 教育方法学

 
 

お問合せ

熊本高生研に関するお問い合わせは、メールでお願いします。
事務局 吉田真一

送信が完了しました。